これが愛じゃなければ、何と呼ぶのか|碧月はる|note

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

🤩 ここで更にタイトル解釈を深読みすると なぜ「馬鹿」ではなく「馬と鹿」なのか。 「春」や「花」という言葉で 「希望」や 「期待感」と、それをひっくり返されたときの 「絶望感」を演出しているのです。

16
さらに、楽曲を深追いしていきます。 これが愛じゃなければ何と呼ぶのか 僕は知らなかった 麻酔なんて私たちにはなかった。

これが愛じゃなければ、何と呼ぶのか|碧月はる|note

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

👇 過去形なのか。 愛ってこんな感じ」(トミー・6歳) 【「日常にあふれる愛」を表現した子供たち】 「愛は、僕のお母さんがお父さんにコーヒーを渡す前に一口飲んで、ちゃんと美味しいコーヒーになってるかどうか確かめること」(ダニー・7歳) 「愛していたら、四六時中キスしたくなる。 そんなことをしてるのは、パパだけだったよ。

3
少なくとも、だた蔑むための意ではないのでしょう。

murmur

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

⚑ 米津玄師さん『馬と鹿』の歌詞をブログ等にリンクしたい場合、下記のURLをお使いくださいませ。 最近は夜の方が得意なんですよ。 昔と同じだ。

10
「馬鹿」は、誰もが共通して浮かぶ語で 愚かなこと。

米津玄師

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

🍀 ただ一人、忘れ得ぬ人の名前を。

守られているようで、縛られているのかもしれない。 そして、 麻酔を打たないというのは 感覚を鈍らせないということ。

【米津玄師/馬と鹿】歌詞の意味を徹底解釈!進む逆境の先には何が待っている!?

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

🤫 次に「鹿」です。 サビがキャッチーで心に響く! 今回の作品もグッときますね~ 米津玄師の作品は毎度毎度、楽曲の顔が変わってくるから本当に飽きがこない。 だから馬は 「富や権力の象徴」とも言われていました。

17
歪 ゆがんで 傷 きずだらけの 春 はる 麻酔 ますいも 打 うたずに 歩 あるいた 体 からだの 奥底 おくそこで 響 ひびく 生 いき 足 たりないと 強 つよく まだ 味 あじわうさ 噛 かみ 終 おえたガムの 味 あじ 冷 さめきれないままの 心 こころで ひとつひとつなくした 果 はてに ようやく 残 のこったもの これが 愛 あいじゃなければなんと 呼 よぶのか 僕 ぼくは 知 しらなかった 呼 よべよ 花 はなの 名前 なまえをただ 一 ひとつだけ 張 はり 裂 さけるくらいに 鼻先 はなさきが 触 ふれる 呼吸 こきゅうが 止 とまる 痛 いたみは 消 きえないままでいい 疲 つかれたその 目 めで 何 なにを 言 いう 傷跡 きずあと 隠 かくして 歩 あるいた そのくせ 影 かげをばら 撒 まいた 気 きづいて 欲 ほしかった まだ 歩 あるけるか 噛 かみ 締 しめた 砂 すなの 味 あじ 夜露 よつゆで 濡 ぬれた 芝生 しばふの 上 うえ はやる 胸 むねに 尋 たずねる 言葉 ことば 終 おわるにはまだ 早 はやいだろう 誰 だれも 悲 かなしまぬように 微笑 ほほえむことが 上手 うまくできなかった 一 ひとつ ただ 一 ひとつでいい 守 まもれるだけで それでよかったのに あまりにくだらない 願 ねがいが 消 きえない 誰 だれにも 奪 うばえない 魂 たましい 何 なにに 例 たとえよう 君 きみと 僕 ぼくを 踵 かかとに 残 のこる 似 にた 傷 きずを 晴 はれ 間 まを 結 ゆえばまだ 続 つづく 行 いこう 花 はなも 咲 さかないうちに これが 愛 あいじゃなければなんと 呼 よぶのか 僕 ぼくは 知 しらなかった 呼 よべよ 恐 おそれるままに 花 はなの 名前 なまえを 君 きみじゃなきゃ 駄目 だめだと 鼻先 はなさきが 触 ふれる 呼吸 こきゅうが 止 とまる 痛 いたみは 消 きえないままでいい あまりにくだらない 願 ねがいが 消 きえない 止 やまない 歪 yuga んで nde 傷 kizu だらけの darakeno 春 haru 麻酔 masui も mo 打 u たずに tazuni 歩 aru いた ita 体 karada の no 奥底 okusoko で de 響 hibi く ku 生 i き ki 足 ta りないと rinaito 強 tsuyo く ku まだ mada 味 aji わうさ wausa 噛 ka み mi 終 o えた eta ガム gamu の no 味 aji 冷 sa めきれないままの mekirenaimamano 心 kokoro で de ひとつひとつなくした hitotsuhitotsunakushita 果 ha てに teni ようやく youyaku 残 noko ったもの ttamono これが korega 愛 ai じゃなければなんと janakerebananto 呼 yo ぶのか bunoka 僕 boku は ha 知 shi らなかった ranakatta 呼 yo べよ beyo 花 hana の no 名前 namae をただ wotada 一 hito つだけ tsudake 張 ha り ri 裂 sa けるくらいに kerukuraini 鼻先 hanasaki が ga 触 fu れる reru 呼吸 kokyuu が ga 止 to まる maru 痛 ita みは miha 消 ki えないままでいい enaimamadeii 疲 tsuka れたその retasono 目 me で de 何 nani を wo 言 i う u 傷跡 kizuato 隠 kaku して shite 歩 aru いた ita そのくせ sonokuse 影 kage をばら wobara 撒 ma いた ita 気 ki づいて duite 欲 ho しかった shikatta まだ mada 歩 aru けるか keruka 噛 ka み mi 締 shi めた meta 砂 suna の no 味 aji 夜露 yotsuyu で de 濡 nu れた reta 芝生 shibafu の no 上 ue はやる hayaru 胸 mune に ni 尋 tazu ねる neru 言葉 kotoba 終 o わるにはまだ warunihamada 早 haya いだろう idarou 誰 dare も mo 悲 kana しまぬように shimanuyouni 微笑 hohoe むことが mukotoga 上手 uma くできなかった kudekinakatta 一 hito つ tsu ただ tada 一 hito つでいい tsudeii 守 mamo れるだけで rerudakede それでよかったのに soredeyokattanoni あまりにくだらない amarinikudaranai 願 nega いが iga 消 ki えない enai 誰 dare にも nimo 奪 uba えない enai 魂 tamashii 何 nani に ni 例 tato えよう eyou 君 kimi と to 僕 boku を wo 踵 kakato に ni 残 noko る ru 似 ni た ta 傷 kizu を wo 晴 ha れ re 間 ma を wo 結 yu えばまだ ebamada 続 tsudu く ku 行 i こう kou 花 hana も mo 咲 sa かないうちに kanaiuchini これが korega 愛 ai じゃなければなんと janakerebananto 呼 yo ぶのか bunoka 僕 boku は ha 知 shi らなかった ranakatta 呼 yo べよ beyo 恐 oso れるままに rerumamani 花 hana の no 名前 namae を wo 君 kimi じゃなきゃ janakya 駄目 dame だと dato 鼻先 hanasaki が ga 触 fu れる reru 呼吸 kokyuu が ga 止 to まる maru 痛 ita みは miha 消 ki えないままでいい enaimamadeii あまりにくだらない amarinikudaranai 願 nega いが iga 消 ki えない enai 止 ya まない manai. 想像した数字が答えなんです。

馬と鹿 歌詞「米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

☮ でも朝が起きれないわけではない。

17
とにかく、前進しようとしているのです。 しかし、 歪んで傷だらけの春という言葉を使うことで、逆境の中にあることを演出しているのです。

いいね!397件、コメント5件 ― 店長(@kyoto_no_kamotenchou)のInstagramアカウント: 「これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった #小坂菜緒 #cute #beautiful #motivation #workout #instalike #coo…

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

🌭 タイトルは米津玄師「馬と鹿」の歌詞より引用させて頂きました。

18
鼻先が触れる 呼吸が止まる そんな私に気付いていたくせに、いつも飄々としていた。

いいね!397件、コメント5件 ― 店長(@kyoto_no_kamotenchou)のInstagramアカウント: 「これが愛じゃなければ 何と呼ぶのか 僕は知らなかった #小坂菜緒 #cute #beautiful #motivation #workout #instalike #coo…

ば のか 知ら これが じゃ なけれ 僕 なかっ 愛 呼ぶ は た 何と

😭 「馬と鹿」という曲です。 キスすることに疲れたら、ただ一緒にいて、もっともっと話しをしたくなる。

7
お客さんの座っている席を見たら、手を振りながら笑っている私のパパがいた。 互いの痛みを舐め合って、歪んだ形で愛し合うことは傷つけあっているのと同じだった。