NHK大河「青天を衝け」初回視聴率20.0%!「八重の桜」以来8年ぶり大台― スポニチ Sponichi Annex 芸能

視聴 け 青天 衝 率 を

🙃 「すでに地元メディアなどでも報じられているように、NHKは群馬県安中市の広大なスペースに村などを再現する大規模なセットをつくり、昨年から撮影が行われています。 音楽 [3月1日 17:00]• コラム [2月23日 12:14]• しかし、今回の2話では一気に3. バラエティ番組好き・世帯年収400~700万円の家庭・一般社員・一次二次産業従事者の間でも大きな差は生じなかった。

2
しかも1週間前の『麒麟がくる』最終回が18.。 つまり若者に人気のある俳優を主人公に起用しても、世帯や個人の全体視聴率には大きく影響しない。

【青天を衝け】初回総合視聴率は26.3% 関東地区では過去4作上回る(2021年2月24日)|BIGLOBEニュース

視聴 け 青天 衝 率 を

🍀 15日には、お笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之さんも同話にゲスト出演することが明かされた。

16日、ジャニーズJr. 吉沢は大河初出演にして主演を務める。 がっかりした栄一だが、ある計画を思いつく。

初回セット5億円!「青天を衝け」高視聴率と制作費の謎~銭で見えてくる『テレビ・芸能マル秘報告書』 (2021年2月25日)

視聴 け 青天 衝 率 を

⌚ かつ、一般視聴者にはあまり馴染みのない渋沢栄一を主人公にしたためだ。 でも一番の楽しみは、村祭りで獅子舞を舞うことだ。 そうした企業の本社がある東京でも、9. NHK放送センター(「Wikipedia」より) 2月14日に初回放送を迎えた NHK大河ドラマ『 青天を衝け』の平均視聴率が20. しかし、大人の事情で祭りは中止に。

中には埼玉県の半分の5%台に終わった沖縄のように、ドラマ部門でベスト10からも漏れたエリアが8地区あった。

【大河ドラマ】NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス|日刊ゲンダイDIGITAL

視聴 け 青天 衝 率 を

👀 初回でも2回目でも登場した血洗島村は、群馬県安中市内に広大な敷地(東京ドーム5個分)を貸し切り、ハリウッド顔負けの豪華セットを作っているんです。 「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、近代日本のあるべき姿を追い続けた渋沢の生きざまを描く。

7
SNS上では、この演出を面白がる声があった。 芸能 [3月1日 15:36]• その熱が冷めない1週間後の放送開始も大きかったのでは」と、バトンタッチの流れがうまくいったと語った。

吉沢亮主演のNHK大河「青天を衝け」第2話視聴率16・9% 初回から3・1ポイント減も高水準(スポーツ報知)

視聴 け 青天 衝 率 を

😋 このことを象徴する場面がある。 ジャニーズ [2月25日 19:01]• 綾瀬といえば、大河ドラマ『八重の桜』でも同じ役を演じているため、引き受ける可能性が高いと噂されているようです。 14日、ジャニーズJr. さらに30代で実業家となり、今の埼玉りそな銀行・みずほ銀行などの設立にかかわる。

18
関東地区データでも、『青天を衝け』の世帯視聴率が一番高い。

綾瀬はるかが登場!?「青天を衝け」視聴率爆下げもNHKが企む秘策とは?

視聴 け 青天 衝 率 を

🤪 ハリウッド [2月23日 11:09]• 2%の3倍近い落ち具合で、全話通じて苦戦も予想されます」(テレビ局関係者) 『青天を衝け』は「日本資本主義の父」と呼ばれ、江戸・明治・大正・昭和という4つの時代を生きた実業家、渋沢栄一を主人公とする。 ジャニーズ Snow ManラウールTGC出演「渉と歩けた」 []• ジャニーズ [2月25日 11:00]• 2話以降が勝負 以上のように、多くの記事は世帯視聴率が20%の大台に乗ったことで、とにかく評価する方向に走った感がある。 同県での視聴動向は、関東地区の世帯視聴率に影響しやすいのである。

19
前作「がくる」の初回19・1%を上回り、13年「八重の桜」の21・4%以来8作ぶりの20%台発進となった。

NHK上層部真っ青…大河ドラマ「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス(日刊ゲンダイDIGITAL)

視聴 け 青天 衝 率 を

✔ 例年大河ドラマは年末に終了。 それこそ莫大な制作費を投入して結果を出せないドラマを作るNHKはいかがなものかという攻撃材料を与えかねないんです」(別のドラマ関係者) NHKをザワザワさせる「青天を衝け」。

19
通常の連ドラで一気に3ポイントも落ちるのは尋常ではないんです」(ドラマ関係者) NHK上層部の頭をよぎったのは明治以降をテーマにした近現代モノは当たらないというジンクスだ。

吉沢亮主演のNHK大河「青天を衝け」第2話視聴率16・9% 初回から3・1ポイント減も高水準(スポーツ報知)

視聴 け 青天 衝 率 を

☏ 2013年の「八重の桜」以来8年ぶりの大台発進となった初回(14日)の20・0%から3・1ポイント減も、同時間帯のテレビ朝日系「ポツンと一軒家」(15・2%)、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(12・8%)を上回り、2週連続で首位をキープした。 「ワースト大河」第1位の記録を作った2019年放送の中村勘九郎、阿部サダヲがダブル主演した「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(平均視聴率8・2%)の記憶も生々しい。

19
0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の高視聴率をマークし、話題を呼んでいる。