【弁護士が回答】「住民監査請求」の相談55件

監査 請求 住民

🙄 また、 1 から 4 までの行為については、将来に行われることが相当の確実さで予測される場合も、請求することができます。 監査の方法 [ ] 住民請求による監査委員の監査及び勧告は、242条第1項の規定による請求があった日から60日以内にこれを行なわなければならない(242条第5項)。

10
また、監査委員に代えて、個別外部監査契約に基づく監査を求めることもできます。

神戸市:5 住民監査請求による監査

監査 請求 住民

🌭 合併対象市町村の長は、意見を求められた日から90日以内に回答しなければならない。 合併協議会設置協議否決市町村において、基準日から13日以内に同一請求に基づく合併協議会設置協議について選挙人の投票に付する旨の公表がなかったときは、選挙権を有する者は、その総数の6分の1以上の者の連署をもって、その代表者から、当該合併協議会設置協議否決市町村の選挙管理委員会に対し、同一請求に基づく合併協議会設置協議について選挙人の投票に付するよう請求することができる。

1
上記の場合、合併請求市町村の長は、基準日から10日以内に限り、に対し、合併協議会設置協議について選挙人の投票に付するよう請求することができる。 (別ウインドウで開く) 件名• 外部リンク [ ]• 最高裁判例 昭和62年05月19日• なお、氏名は自署(請求される本人が書くこと)が必要です。

大阪市:~市民の皆様へ~ 住民監査請求の手続きについて (…>監査委員>監査の種類)

監査 請求 住民

🤙 監査及び勧告についての決定は、監査委員の合議によるものとされる(242条第8項)。

13
契約(購入、工事請負など)の締結、履行• 同一請求に基づく合併協議会設置協議について有効投票の総数の過半数の賛成があったときは、同一請求に基づく合併協議会設置協議について合併協議会設置協議否決市町村の議会が可決したものとみなされ、すべての同一請求関係市町村の議会が同一請求に基づく合併協議会設置協議について可決した(住民投票で可決したものとみなされた場合を含む。 請求書には、どの行為が違法又は不当とする行為か監査委員が認識できる程度の事実証明書(情報公開請求により開示を受けた文書の写し、新聞記事の写しなど)を添付することが必要です。

福岡市 住民監査請求の要件

監査 請求 住民

☝ 住民監査請求は、区民による監査請求とこれに基づく監査により、区の適正な財政運営を確保し、区民全体の利益を守ることを目的とした制度です。 3 事実を証する書面(事実証明書) 請求書には「情報公開請求により入手した資料」や「新聞記事の写し」など、違法又は不当な財務会計上の行為などの「事実を証する書面」の添付が必要となります。

1
・法人は,法人名を公表。 確認する項目 表題• () 当該地方公共団体の区域内で衆議院議員、参議院議員又は地方公共団体の議会の議員もしくは長の選挙が行なわれることとなるときは、任期満了の日前六十日に当たる日又は解散の日の翌日から当該選挙が行なわれる区域内においては請求のための署名を求めることができない。

大阪市:~市民の皆様へ~ 住民監査請求 Q&A (…>監査委員>監査の種類)

監査 請求 住民

🚒 署名を集めるに際しては、代表者またはその委任を受けた者が直接請求書(写しでも可)、代表者証明書(写しでも可)、代表者からの委任状(代表者から署名募集の委任を受けた者が募集した場合に限る)を付した署名簿に署名(盲人については点字による署名も含む。

現在、住民訴訟は、特にの返還をに求める場合、首長を直接相手取った訴訟は起こすことができず、自治体に対し、首長に返還を求めるよう訴えることしかできなくなっている。 最高裁判例 平成14年09月12日 関連項目 [編集 ]• 請求書は、直接持参するか又は郵送してください。

直接請求

監査 請求 住民

😛 代表者証明書の請求 [ ] 直接請求の代表者になろうとする者(複数でも可。

12
ただし、当該職員又は当該行為若しくは怠る事実に係る相手方がの規定による賠償の命令の対象となる者である場合にあつては、当該賠償の命令をすることを求める請求• 陳述とは、請求された方が、監査委員に対し請求の趣旨を補足して説明するもので、監査委員や関係職員などに質疑などを行うものではありません。

住民監査請求/奈良県公式ホームページ

監査 請求 住民

✔ 請求権者 [編集 ] 請求権者は、当該地方公共団体の 住民である(第1項)。 従って、判決後の措置については自治体任せとなり、その後全く首長から公金が返還されないといった問題が多く出ていて、事実上、判決が骨抜きにされているとの批判が強い。

16
4 当該行為もしくは怠る事実により、その地方公共団体の被った損害を補てんすること。