安く送る方法は?現金書留の料金・送り方・補償について

書留 送り 方 現金

🤜 1万円の場合は「金壱萬円」 漢数字の「旧字体」の書き方 一「壱」、二「弐」、三「参」、五「伍」、千「阡」、万「萬」 【裏面】 郵便番号、住所、氏名を書きます。 郵便局留めで送られた郵便物の保管期間は到着した日の翌日から起算して7日間となっています。 また、郵便局が営業時間外の場合には、『』でも対応してもらえます。

1
現金書留の追跡方法や配達日数や速達で送った場合の日数などについては、コチラの記事に書いてあります。 この「損害要償額」というのは、一体どういうものかというと…。

現金書留、コンビニで封筒は買える?土日は?5分でわかる送り方講座

書留 送り 方 現金

🌭 そんなときは、 夜間や土日・祝日も営業している窓口サービスや、 ゆうゆう窓口を利用すると便利です。 日本郵便では現金書留以外の送り方では現金を送ることが郵便法17条によって禁止されており、現金書留以外の送り方で現金を送っていることが発覚すると、発見次第すぐに差出人に返送の上、厳重に注意を受けてしまいます。 万が一、現金書留が届かなかった場合、「損害要償額」の範囲内で 実際に損をしてしまった金額を賠償してくれるという制度です。

いつでも開いてるコンビニではどうでしょう? 現金書留は送れるのかというと・・・残念なことに コンビニではほぼ現金書留用封筒は売ってないし、現金書留を送ることは出来ないのです! じゃあ結局は郵便局に行くしかなく、平日の夕方から深夜の時間帯や土日・祝日は現金書留が送れないということなのか?という疑問が湧いてきますよね・・ 土日や夜間に現金書留を用意したいときは? 郵便局が開いているときに行けない人は、どうしたらいいのかというと?きちんと対応策がありますよ。 スポンサーリンク 現金書留の送り方(2) 現金書留専用封筒は、郵便局でしか購入できない! 現金書留用封筒を入手できるのは郵便局のみ。

知っておきたい現金書留の料金や送り方を解説|現金書留の封筒は自分で用意することも可能!

書留 送り 方 現金

⚐ 現金書留封筒の封をする 現金書留封筒にはふたが3つあります。

8
もうひとつ、受け取る側の場合についても確認しておきましょう! 現金書留は、宅配を受け取るときと同じく、判を押して玄関で手渡しされます。 現金書留の封筒の料金 現金書留を送る際は、まず郵便局で現金封筒という専用の封筒を購入する。

宅急便やゆうパックでは送れない!?「現金」の正しい送り方と受け取り方|@DIME アットダイム

書留 送り 方 現金

🙂 「結婚祝い」を贈るとき、気持ちを上手に伝えるには、マナーを守ることと相手に合わせた贈りもの・贈り方にすることがポイントです。

17
現金書留はコンビニでは送れない。 現金書留を送るだけなら署名でもいいのですが、お祝いや香典を送るのであれば専用封筒も綺麗に仕上げたいもの。

現金書留とは?送り方・やり方を初めての人向けに分かりやすく解説

書留 送り 方 現金

🖖 それぞれ、「上ふた」「中ふた」「下ふた」と呼びます。 濃墨の毛筆で記入してもかまいません。 高額を現金書留で送る場合、それなりの金額で備えておいたほうが安心でしょう。

17
現金書留用封筒で送ることができるのは現金のみ? 封筒の中に現金以外のものを、一緒に入れたい場合もありますよね。 お祝いを送る場合でしたら、祝福の言葉と一緒に近況なども書いてあげてください。

知っておきたい現金書留の料金や送り方を解説|現金書留の封筒は自分で用意することも可能!

書留 送り 方 現金

♻ 郵便局HPより 物品や手紙を同封することは可能です。

14
損害要償額については、後で詳しく書いてあります。 お金をもっと安く郵送する送り方 料金の支払いなど、それほど大きくない金額を送る場合、現金書留料金って結構な負担になりますよね? お金をもっと安くで郵送する送り方はないものでしょうか? 実は、最近はあまり使われなくなりましたが、 お金を定額小為替に交換することでもっと安い値段でお金を郵送することができます。

現金書留とは?送り方・やり方を初めての人向けに分かりやすく解説

書留 送り 方 現金

🚀 配達日指定・・・・・・・平日32円・日祝日210円• しかし、普通の郵便よりも高くつくのが気になるところ。 現金書留の送り方• 現金書留料金の基準は以下の様になっています。

現金を郵送する方法は法律で決まっている 現金は普通郵便ではなく、現金書留で送ることが「郵便法」で決められている。 送料 現金書留封筒には2種類の大きさがあります。

宅急便やゆうパックでは送れない!?「現金」の正しい送り方と受け取り方|@DIME アットダイム

書留 送り 方 現金

🌭 定形外郵便物である大きい封筒では50g以内が120円、100g以内が140円……というように、重さによって料金が上がっていく。 厚みがなく小さめなので、 定型サイズで送れて郵送に最適です。 送料の全額分までの切手がなくとも、自宅に余っている切手を郵便局まで持っていった上で差額分を現金等で支払うことも可能です。

18
リスクを背負ってまで現金書留を利用する必要はない。 現金書留で送る場合、現金書留の封筒にも住所・氏名を記入しますが、不祝儀袋にも書く必要があります。