「ご参考ください」は敬語?ご参考になれば幸いです/ご参考になさってください

敬語 参考 ください にし て

✊ 動詞「して」と動詞「くれ」は、先に書いたとおり 後ろの動詞を敬語表現に変えますので、 「して」はそのまま、「くれ」は「ください」にします。 一方で、「参考にさせていただきます」は一般的にさまざまなシーンで使われている身近な言い回しなので、よく顔を合わせる上司や気心の知れた先輩などに対して使う分には、失礼ではないという見解も存在します。 1 動詞「参考にして」+動詞「くれ」と捉える場合 まず基本となるのは、動詞が連続する文において 尊敬・謙譲などの敬語表現を動詞に加える場合、 後ろの動詞を敬語にするのが正しいやり方、ということです。

5
(詳細は次項で説明) 2 名詞「参考」助詞「に」動詞「して」+動詞「くれ」と捉える場合 丁寧語の一種である美化語「ご」は、名詞につけて美しく飾るものです。 また、おすすめの敬語フレーズは青文字にしておきます。

「ご参考にしてください」の正しい意味と使い方

敬語 参考 ください にし て

🌏 こうしたアプローチは、一見すると回りくどいでしょう。 そういう意味でこれから紹介する言い換え敬語はどれも本当によくつかいます。

8
以上のような使い方が正しいです。 「ご覧ください」という言葉・表現は、基本的に丁寧語と尊敬語の敬語表現がすでに含まれているため、多くのビジネスシーンでも普通に使うことができます。

間違いも多い「参考までに」の意味・使い方と例文・敬語表現

敬語 参考 ください にし て

😄 以上ご参考までに。

10
まして、的を射ない、きちんと質問文を読んでないような回答に 付けられていたら・・・。

目上の人に使う場合の「助かります」の正しい敬語表現|「マイナビウーマン」

敬語 参考 ください にし て

😘 」などの形で使用します。 特に敬意を払う相手に対しては、口語での省略表現は失礼にあたることがあるので、語尾まで敬語で修辞した方がいいでしょう。 「ご」が付いているのにみな座りの悪い中途半端な敬語です。

ご参考くださいませ• 例文2:お尋ねの件を「以下」に記載しておきましたので、利用要項とともに「ご参照ください」。 ぜひ活用してみてください。

「ご参考ください」は誤った日本語!敬語の言い換え、類語「ご参照ください」との違い

敬語 参考 ください にし て

🖕 自分が用意した書類が、相手が調べていることにの参考にならないか提案する際に多用されます。

5
たいていはどちらでも使えますがいちおう ご参考までに、 ご参照 ください。

目上の人に使う場合の「助かります」の正しい敬語表現|「マイナビウーマン」

敬語 参考 ください にし て

✔ ご参考くださいますようお願い申し上げます• 例文「 ご参考いただきたく、お願い致します」 意味は「参考してほしい、お願いします」• 追ってその部分を解説します。

19
・大変勉強になりました。 ただこれは冗長な表現なので、普通は「ご参照ください」という「お~+補助動詞」の形にするのが自然です。

「参考にさせていただきます」の敬語表現・ビジネスメールでの文例

敬語 参考 ください にし て

✔ 実は「ください」の本来の形は「くださいませ」であり、いわば「ください」は「くださいませ」の省略形なのです。 たとえば以下のようなフレーズがあります。 そのうち普通の言葉になる。

10
参照するこの敬語となりますが相手側の行為になるので謙譲語として用いるのは間違った使い方になります。 そもそも「参考にする」とは そもそも「参考にする」とは、情報を手掛かりに、考えたり決めたりする時に判断する材料とすることです。

ご参考ください

敬語 参考 ください にし て

👉 また、国語のカテゴリで質問しているのに恐縮ですが、文法的に間違っていたとしても一般的に違和感のない表現であれば構いません。 ご参考いただきたく、お願い致します• そのため、「ご参考にしてください」の「してください」は、情報を提示する側が、情報の受け手に対して恩恵を与えるという表現に受け取られる場合があります。

6
参考にさせていただきます。